www.casamayaasheville.com

実際にパソコンのディスプレイの前でつねに変動している相場を眺めていると、注文をしたくなる衝動が生まれる事も少なくないと思います。しかしながら、不明瞭な勘で売り買いをすることは断じてしてはいけません。ご存知の通り、為替相場は終日どこかの国の外国為替市場は動いているし、為替レートもいかなる時でも、変化しています。とは言っても、何回も売り買いを重ねているとその回数分だけ損失を被る可能性が増します。もちろん、取引の数を増やすことによって次第に勝利する確率が五分五分になっていくのは事実です。でもその事実は「明確でないインスピレーションでエントリー」してしまうこととは話が違います。売り買いの回数を増やすというのは、自分で「ここは!」と思いついたチャンスを得たところでの売買回数を積み重ねるという意味です。理由がなく、連続して売り買いを経験するのとは全く違う。市場の駆け引きに敗北しないためには、あなたが主体的にけじめをつけることが大事だ。「ここがチャンス」と感じた外国為替市場の時には、いっそのこと持っているポジションを多くして、徹底的に儲けを求めます。「少し分からない外国為替市場で、どう上げ下げするのか思いつかないな」と考えた時は執着しないで所有ポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。それぐらいの緩急をつけた方が最後に取引は勝てます。為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。実にその通り。FXとは何も常にポジションを持っていることが大切ではなく、何も保有せず待っている事も状況によっては、相場なのである。では、どのタイミングで休めばいいのでしょうか。第1に言われるのが前に述べたように、これから先の外国為替相場が分からない時です。現状からどちらにいくのか明確でない時は間違って判断すると、考えたストーリーとは反対の方向に相場が向ってしまい損失を被る事になります。そのため、そのような時はポジションを閉じ、何もしないで様子を見ているのがいいでしょう。2番目に、あなたのコンディションがすぐれない時です。コンディションとマーケットに影響ないと考える投資家もいるだろうが。実は案外つながりがあります。健康状態が悪い時は、市場の肝心な状況で正しい決定ができません。関心がわかない時は相場から離れる事も肝心な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.casamayaasheville.com All Rights Reserved.